2013年03月30日

サロンコンサート

昨日は厚手のカーディガンを羽織るだけで都内まで出かけたのに、今日はまた寒くて暖房をつけてしまいました。

昨日、くりの実会の練習の手前にある吉祥寺というお寺の境内。まだ桜がきれい。

写真吉祥寺.JPG


さて、寒かった今日、チェリスト青木十郎先生のお宅でのサロンコンサート。出演者(7名∔各伴奏者)を含めて50名くらいのお客様。熱気むんむんです。このコンサート今回で10回目だそうですが、私たちが出演させていただいたのは3回目。

青木先生のことは学生終えた頃にレッスンを受けて以来尊敬する先生ではありましたが、はじめてこのサロンコンサートに参加させていただいた時から、会の雰囲気やご家族の暖かさに魅せられ、また、多くの優れた演奏家、先輩方であったり若手であったり、の演奏を間近で聞かせていただけることが楽しみな会。先生は御歳97歳!昨年より若干お年を召されたかな?という感じはありましたが、それでもお元気で生徒たちの熱い演奏に耳を傾け、見守っていてくださいます。

今回私が高校以来の友人Sくんと共演させていただいたのはポッパー作曲ハンガリー狂詩曲。チェロ版チゴイネルワイゼンというような作品ですが、この作品冒頭、何気ない12小節ですがなんとも誇らしげな音楽にポッパーのハンガリーに対する愛情を感じて好きなのです。るんるん

写真サロン.JPG



posted by fumifumifumin at 22:55| 神奈川 ☁| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。