2013年06月18日

SIMカードが・・・

昨日の午後から、突然iPhoneがおかしくなって「SIMカードが挿入されていません」と画面に出てきてつながらなくなってしまったのです。電源を一度オフにしてまた入れ直すとしばらくは使えるようになるけれど、またすぐに「カードが挿入されていません」と表示が出てきて、そのうち電源切って入れ直してもまったく復活の気配もなくなるし。

電話とメール、ちょっと使えないだけでこんなに不便になるのか、連絡がとれなくなることが困ることになるのか、と思いましたが、こういう場合の対処の仕方を調べて、SIMカードを抜き出しもう一度入れ直したら無事復活!!これで一安心。ほっ。

さて、今日スーパーの前を通りがかったら元気いっぱいの葉っぱを付けた人参が並んでいて思わず買ってしまいました。

image-20130618230327.png

葉っぱのみ(人参にくっついてる時の写真を撮っておくんだった。。。)

葉付き人参ってなかなか見かけませんよね?人参の葉っぱはやっぱり天ぷら。ちりめんじゃこも入れてパリパリと美味しくいただきました。


posted by fumifumifumin at 23:25| 神奈川 | Comment(2) | 日々のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

やぐら?

思ったほど雨も降らず、でも今日も蒸し暑い一日でした。梅雨ですね。

7月18日の演奏会に向けて、雑事に追われております。今日もパソコンに向かってメールやら、何やら、とやっておりましたら一通のFAXが。

我が家にはあまりFAXが届くことはないので、どこからかな?演奏会のチケット申し込み?でもFAX番号はどこにもお知らせしてないし。と出てきたFAX用紙を見たら。。。

image-20130615192401.png

やぐらステージレンタルのお知らせ!

毎年好評のやぐらステージのレンタル受付がまもなく終了となるそうです!ご予約お待ちしておりますって。そりゃ大変!早く申し込まなくちゃ!!

って、誰がやねんっ!!

どこに送るつもりだったのでしょう?間違えてましたよー、と連絡入れようかどうしようか〜。

それとも、8畳分くらいの広さがあればやぐらでもチェンバロくらいは乗るだろうから、やぐらコンサートとかどなたか一緒にやってみます〜??わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)


posted by fumifumifumin at 19:39| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日々のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

ロビーコンサート

今日の横浜。気温は低めだけれど、雨降りでジメジメ。非常に蒸しました。

そんな中、みなとみらいのけいゆう病院にてロビーコンサート。私がバイオリニスト野村暁子さんとこの病院でご一緒させていただくのは4回目。ロビーは吹き抜けでよく響きます。雨にもかかわらず、病院ですからたくさんの方々が集まってきてくださり、たぶん階上でも吹き抜けを見下ろして聞いてくださった方もいらしたと思います。30分ほど小品を演奏いたしました。

ロビーのピアノ。いつも蓋を開けるたびに笑ってしまうのですが、なぜかキーカバーだけスタインウェイ!

image-20130613210757.png

終わってからは二人で打ち上げ。演奏時間30分でしたが(もちろん軽くですがリハーサルもやりましたけど)打ち上げは2時間。バイキングですが質のよいお料理ばかり、デザートも充実で満腹で大満足。ごちそうさまでした〜!

image-20130613210930.png

image-20130613210942.png


posted by fumifumifumin at 21:13| 神奈川 ☔| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

台風が近づいてようやく梅雨のような雨。

昨日は夕方からあまり普段の私の生活では出向くことのないところに行ってきました。神保町にある学術総合センター一橋講堂。共立講堂や学士会館を見ながら、如水会館の手前。

image-20130612093028.png

立派できれいな建物です。開演前の講堂内。

image-20130612093639.png

なにがあったかというと、「日越外交関係樹立40周年記念ベトナム国立交響楽団 一橋大学兼松講堂公演 記念公開シンポジウム 音がつなぐ世界 ベトナム国立交響楽団をむかえて」というもの。文化が、音楽が社会にどのような影響を与えるか、平和と和解を与えられるか、というようなことを、ベトナム国立交響楽団の音楽監督兼指揮者である本名徹次氏や一橋大学学長らがパネリストとして、学生たちが実行委員として中心になり展開されました。そして、ベトナム国立交響楽団のメンバーによる弦楽カルテットも聞かせていただきました。

次女も実行委員の一人として説明など行っていましたが、壇上で私の先輩である本名氏と二人で対話している様子を見ているとなんだか不思議な感じ。本名氏はベトナムで文化功労賞を授与されたり、社会と深く関わりながら活躍されています。そして、9月26日には国立にある一橋大学兼松講堂において、本名氏の指揮ベトナム国立交響楽団による、ベトナムの音楽や朗読も交えたプログラムのコンサートが行われるそうです。

8世紀東大寺の大仏開眼の時が日越文化的交流のはじまりだそうです。その東大寺大仏殿にて今回の日本ツァー公演最終日10月1日にコンサートが行われるそう。歴史の重みと、アジアのみならず、世界との関わりを考え直すきっかけとなるひとつの小さな芽。

人種や言葉や宗教や時代を越えて、人の心を動かす力のある音楽に携わって生きていけることにあらためてひっそりと喜びを感じました。

さて、まだ雨は降り続きますが、明日はみなとみらいにあるけいゆう病院にて、15時からバイオリンの野村暁子さんとロビーコンサートです。
posted by fumifumifumin at 23:41| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日々のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

チェンバロ発表会

歩くと汗ばむ夏のような気候の中、松本記念音楽迎賓館にて、チェンバロの発表会でした。予想以上にたくさんのお客様が来てくださり、会場はほぼ満席でした。

image-20130609221539.png

私の出番は最後だったので、前半は一番後ろの席でみなさんの演奏を聞かせいただき、後半は裏手から鑑賞。みなさん、それぞれにすばらしく、ワクワクする演奏がたくさんありました。自分は、というと、フォルクレの組曲5番から、ラモー、ギニョン、レオン(サラバンド)、ボワッソンを弾きましたが、静かな曲で、感動しました、という感想を何人もの方からいただけたことは嬉しかったです。本番というものは、なかなか思い通りにはいかないものですが、一回一回の本番の積み重ねが経験となっていくことをあらためて実感。

思いがけず、たぶん私のブログを見てきてくださった方々がいらしたことにはビックリ!Oさん、Kさん、ほんとうにありがとうございました!

さーて、本番と言えば打ち上げ!これがあるので車で行くのはやめました。

成城学園前の駅からすぐ近くのワインバー。とってもよいお店でお料理も雰囲気もよく、仲間の皆さんと楽しい時を過ごしました。

image-20130609223247.png

image-20130609223300.png

演奏以外にも奮闘してくださったKさんSさん、そして、朝からスタッフとして動いてくださったM里さん、S先生、そして、我々を導いてくださった裕子先生、ありがとうございました。みなさん、お疲れさまでした!

posted by fumifumifumin at 22:38| 神奈川 ☁| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。