2013年09月30日

平和の響

秋らしい爽やかな天候が続いています。明日から10月!一年で一番好きな季節にいよいよ突入〜!

さて昨日は長女が横浜伊勢佐木町にて出演したコンサートと、次女が国立にある一橋大学兼松講堂にて実行委員をしているコンサートが重なり、身を二つに切りたいところでしたが、先に行くことにしていた次女の方に行ってきました。長女の方は父親がビデオ係りで行ってくれました。

長女の方もどうやら満員御礼で無事盛会に終わったようですが、次女の方も間際まで心配していた集客も最後の最後で増えたようで会場はたくさんのお客様で埋まり、こちらも一安心。

日越国交樹立40周年記念 ベトナム国立交響楽団 一橋大学兼松講堂公演 ー平和の響ー

という催し。

image-20130930174041.png

プログラムを見て、次女が学生実行委員の代表だということを知りました。挨拶文書いてた。この日のための準備を一年間、ベトナムまで行ったり、シンポジウムや講演会を開催したり、いつのまにかなんやかんややっていたようなので、盛会に終わって本当によかった。仲間や先生、多くの方々にいろいろな形でお世話になり感謝の気持ちも大きいことでしょう。

ベトナムの作品、日本の作品(芥川也寸志作曲 蜘蛛の糸…朗読はあえてベトナム語で)、そしてベートーベンの運命、という、プログラム。本名氏の大きくつかんでしまう音楽も気迫満々で素晴らしかった。コンセルトヘボウやベルリンフィルを聴いて得る感動とはまた違うのだけれど、確実に感動がいっぱいあり満足感が残りました。よいコンサートでした。

image-20130930174058.png

学問をする大学にある東西文明融合の精神を持った兼松講堂で、日本人指揮者が、ベトナムのオーケストラを率いて、日本人の観客に、ベトナムと日本とドイツの作品を演奏することは、私が予想していた以上に意義のあることだったと、コンサートを聞いてみて実感。

自分自身のことを考えると、世の中の平和のために、という使命感を持って演奏しているわけではないのですが、作曲家(楽譜)と演奏者、指揮者と演奏者、観客と演奏者、いろいろな関係の間で、自分を見つめ、相手を知り、お互いを理解し合い、表現すること。それが演奏することであり、平和や和解も同じことなのだな、と。

兼松講堂、趣あります。そしてホールとしても素晴らしかった。

image-20130930174221.png

image-20130930174234.png

image-20130930174245.png

来てくれたピアノ科の友人と二人でマエストロに会ったあと、落ち着く秋の構内を少しお散歩して帰宅。


さて、今週末には混声合唱団樹林有志のみなさんと川崎市シニア音楽祭に出演いたします。シニア、と言っても若いメンバーも出演いたします!

練習風景。有志の出演ですので普段の半分の人数ですが、それでも50人ぐらいだって。
image-20130930175837.png

来年10月18日にはミューザ川崎で混声合唱団樹林(指揮 辻秀幸)はヴェルディのレクイエムを演奏いたします。ご一緒に歌いませんか?毎週土曜日の夜、楽しく練習しております。
posted by fumifumifumin at 18:15| 神奈川 ☁| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

秋はどこに?そして、無伴奏バッハ

「秋になったんと違うかったんかなぁ?」

と悩みたたずむトンボさん。
image-20130912213557.png

暑さがぶり返しています。

そして今日のくりの実会の練習後のランチはなぜか日比谷。美味しい餃子でした!大きめの黒豚餃子も美味しいけれど、小さい元祖?餃子は具と皮のバランスが絶妙です。見た目よりボリュームあってお腹いっぱい。でも完食!!

image-20130913162529.png

image-20130913162627.png


さて、去る9月8日、ハクジュホールにてヴァイオリニスト原田陽さんのバッハの無伴奏ソナタとパルティータ全曲演奏会に行ってまいりました。バッハ全曲を一日の演奏会でやってしまうなんて!

休憩を2回挟んで3時間。6曲聞いてもまったく疲れない、自然に引き込まれて行く素晴らしい演奏でした。旋律楽器であるバイオリンでも、ちゃんと通奏低音が生きて聞こえてくるし、フレーズがながく、気負わない音楽。涼しい顔で難なく弾きこなしてしまっているように聞こえるのですが、プログラムをみると、この全曲演奏会はマラソン、いや、ひとり駅伝のようなもので精神力も体力も大変、と。

30を少し越したくらい?の若手ですが、ぜひ機会があったら聞いてみてください。素晴らしいバイオリニストです。
posted by fumifumifumin at 16:33| 神奈川 ☀| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

美々卯 再び

今日は、今日も?小学校時代の友達と集まり。本来は、10月に5年ぶりに行われる中学の大同窓会を控えて、関東支部でも盛り上げといてや〜〜!!と本部からのお達しがあったため、40人ほどいる関東組に声をかけたのですが、日が悪かったのか小学校が一緒のいつもの女子会メンバー4人と支部長の黒一点、計4名のみ。

渋谷での待ち合わせ前の5分間には、またまたいってしまいました。マルナン。あと10日で閉店です!

image-20130907224423.png

本日のお店、Nちゃんにお願いしたら、大阪の味を懐かしみましょう〜、と、なんとこの夏2度目の美々卯!渋谷のマークシティの中にもあるんですね。先日の本町店と変わらず大変美味しゅうございました!

ほとんど食べ終わりのお鍋。

image-20130907223823.png

そのあとは明大前にあるBARバッカスへ。同じく同級生のトモイちゃんがやっているお店です。ここで遅れて来てくれたTさんも合流。楽しい時間でした!

image-20130907224304.png

image-20130907224317.png

一足先に失礼してきましたが、なんというか、どの時代の同窓会も楽しいけれど、小学校の友達っていうのは自分の原点に近いものがある気がして、ほんわかした気分で帰ってまいりました。

posted by fumifumifumin at 22:47| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日々のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

打ち上げパーティー銀座

先月に終わったおかあさんコーラス全国大会に出場したくりの実会の打ち上げパーティー。銀座の素敵なイタリアン。くりの実会にはなくてはならない存在の代表のOさんは大会後ご入院中で残念ながら欠席でしたが、指導者T先生、ボイストレーナーのN美先生やN子先生もいらして、皆で楽しく美味しく過ごさせていただきました。

image-20130906234107.png

image-20130906234123.png

image-20130906235604.png

宴は盛り上がります。話したいこといっぱい!

image-20130906234152.png

今後益々の会の発展を願いつつお開きになったあとは、数人の方が代表Oさんのお見舞いにいらっしゃるということで、飛び入りで私もついて行かせていただきました。病院では手術後も順調に回復されている姿を拝見できてほんとによかった!今しばらくゆっくり休養されて、また元気にくりの実会をぐぐぐいと引っ張ってくださいませ。

有楽町から山手線に乗ろうとホームにいたら、反対のホームに緑の山手線が!緑の山手線って当たり前なのですが、今はべったり緑の車両はめずらしいのですよね???

image-20130906235342.png

image-20130906235353.png


そして帰り道、渋谷で今月半ばで長い歴史の幕を閉じる生地屋さんマルナンに立ち寄って、残り少なくなっている品物の中からいくつか購入。安かった〜!渋谷のあの場所に昔からあって当たり前で、子供たちが小さかった頃にはよく立ち寄ったものでした。しばらく行ってはいなかったものの、なくなってしまうと思うとちょっとさびしです。


posted by fumifumifumin at 16:51| 神奈川 ☀| Comment(0) | 合唱団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

バッハカンタータクラブ特別演奏会 雑感

残暑厳しき日曜の午後、紀尾井ホールにて東京芸大バッハカンタータクラブOBと現役生による特別演奏会を聴きに行きました。

image-20130901214153.png

小林道夫先生と共にバッハに取り組んで来られたメンバーの皆さんの、お互いの信頼関係に支えられた演奏♡80歳を越されたとは信じられない道夫先生の姿勢と音楽。少ない動きの棒からは様々な音色と音楽が紡がれていきます。

と、そのような感想は多々あるのですが、今日はまた別の個人的感想がありました。

私にとっての親しい友人や先輩後輩がたくさん出演されている中に、今回は長女も出演。このブログでは何回か書いておりますので重複いたしますが、2000年に行われたカンタータクラブ30周年演奏会でロ短調ミサを聴いた娘(当時中学1年生)が帰り道に「このOB会に入りたい!!」とOB会の意味もわからず宣言?してからちょうど13年発った今日、夢?を実現した娘がステージに立っていました。まさしく、立っていました!合唱だけでもよいので参加希望、としていたにも関わらず、プログラム1曲目のシンフォニアではフルートコンチェルトのように、大御所の先輩方をバックにソロを吹かせていただいていたし、有名なカンタータ147番では日本を代表する声楽家の方々と並んでソプラノで合唱に参加させていただいたり、マニフィカトでもオブリガートフルートを大先輩とデュエットさせていただいたり、美味しいとこいっぱいくださった先輩方に足を向けて寝られない、って感じです。

そのお気楽娘はというと、前日の練習を終えて帰って来てからも、あれでいいのかな、バランスはどうなんだろ、などと心配しつつも、緊張している様子もなく、ただただ小林道夫先生の指揮で大先輩の方々と一緒にステージに乗れることが楽しみでしょうがない様子でした。

演奏を聞くと、まだまだ足りないところがあってこれからだなぁと思うのですが、ふと考えてみると、よいところも足りないところも(のんきなところも)私の若い時とおんなじかも!と。

人生歩んで行くうちにぶつかる様々な事柄、いろいろな人から受ける嬉しい刺激、辛い刺激、あれもこれもそれもこれもすべてあとになると自分にとって感謝すべきことばかりとなり、身について表現の幅も広がって行くのだと思います。

聴きに来ていた友人たちからも、娘のOB会演奏会デビューを祝福??していただいて本当に感謝です。しっかり精進してくれたまえ、長女。

追記:
今日のプログラム、小林道夫先生のお言葉から・・・

「・・・。音の形を整えると音楽と聴こえてしまい、霊感はどこかに置き去られる危険性はいつでも目に前にある。」

心に響きました。











posted by fumifumifumin at 21:54| 神奈川 ☀| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。