2013年12月01日

ファンタジー♪

去る11月27日、バイオリニストHさんにお誘いを受け、Hさんのお母様のお弟子さんでもあった吉川隆弘氏のピアノリサイタルを聴きに行ってきました。Cちゃんも一緒に。サントリーホールブルーローズにて。(お隣大ホールでは読響のコンサートやってましたが)

image-20131201224430.png

私はこのピアニストのことを失礼ながらまったく知りませんでした。イタリア(ミラノ)在住で年に2回は日本に帰国してリサイタルをされているとか。

プログラムは前半にハイドンのソナタト短調、シューマンのファンタジー、後半にはヤナーチェクの霧の中で、ラヴェルの高雅で感傷的なワルツとラ・ヴァルス。

すべて意味を持った音色の多彩さ、音楽の組み立て、フレーズ感、高度なテクニック、などと書いてしまうと分析しながら聞いていたような書き方になってしまいますが、作曲家のメッセージをそのまま繊細な感性と知性を持って伝える、という理想とする音楽。ハイドンから最後のラ・ヴァルスまで、ピアノでまさしくファンタジ〜♪の世界を繰り広げてくださり、作品も演奏も楽しめるそれはそれは楽しい演奏会でした。

私の大〜好きな曲、高雅で感傷的なワルツも素晴らしかった!ピアノって素晴らしい!

誘ってくれたHさん!ほんとにありがとう!


posted by fumifumifumin at 22:46| 神奈川 | Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。