2013年03月22日

桜が慌てて咲きはじめたようです。気がついたら散ってた〜ということにならないよう愛でる機会を作りたいです。早いもので今日は次女の大学卒業式。ついこの間、入学したばかりに思えますが。

このところ、一時よくなっていた咳がお薬がなくなってしばらくしたらまたぶり返し、昨日はお医者さんへ。お薬だけもらうつもりがレントゲンまで撮られてしまいました。ひどい異常はないものの処方箋を持って薬局へ。おくすり手帳はお持ちですか?の問いに、なくしてしまったままなので再度作らなくてもいいかな、と思ったのですが、サッと差し出された手帳がこれだったので、思わず「作ります!!」とこたえてしまいました。

image-20130322095613.png


さて、去る3月20日、この日は長男の28回目のお誕生日でしたが、すみだトリフォニー大ホールにて、前にお知らせしていた「秀でた幸せをさがしに」コンサートへ足を運びました。

広いホールにたくさんのお客様。東北合唱団への支援活動の一環としてのコンサート。暖かい雰囲気が漂い、どの曲もそれぞれの合唱団の味をよく出しており、様々な合唱曲を様々な合唱団、様々なピアニストで聞かせていただきました。

心配していたくりの実会単独ステージの日本民謡!親心、というのでしょうか?つい力が入ってしまいます。ヒヤヒヤしながらも、いい響きもたくさん。振り付きの八木節ではイケイケノリノリで逆にハラハラしましたが、お客様の反応もよく、聞き終わったときにはなんだか胸がいっぱいになりました。課題はいっぱいありましたけどね!

最終ステージ、全合唱団による「コワレタイ」は作曲者寺嶋陸也さんのピアノ。この作品、ところどころ歌詞自体に俗っぽいところもあり、好きでない部分もあるのですが、寺嶋マジックというのか、音になるとよい意味で中身が整えられるというのか、60分という長い作品がよくひとつにまとめられ、演奏もよかった。とても大切なメッセージが伝わってきて、あらためて不思議な作品だと思いました(^。^)


私には一体何ができるのかなぁと、そのようなことも考えつつ、体調万全でなかったせいなのか長時間に渡るコンサートは聞いているだけでもかなり疲れた〜!でもやっている人はもっと大変。出演された大勢の皆さんの力はもちろん、このようなコンサートをやり遂げてしまう主催者の行動力はほんとうに素晴らしい。軽めの募金だけ、させていただいて帰ってまいりました。


posted by fumifumifumin at 12:05| 神奈川 ☁| Comment(2) | 合唱団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご来場感謝です(^∧^)するって!!
くりの実会頑張ったよね!!
これからも宜しくお願いいたします。

次女様のご卒業、修士進学、ご長男様のお誕生日、重ねてお祝い申し上げます!!
Posted by ダヴィデヒデ at 2013年03月22日 18:32
ほんとうにお疲れ様でした。

くりの実会、客席での反応もとてもよかったです!

それにしても、ブログ拝見いたしましたが、なんかカッコよすぎ〜。
あ、見た目ではないですよ(^o^)/
Posted by fumifumifumin at 2013年03月22日 19:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。