2014年06月29日

studio clavecin チェンバロ発表会2014

毎年恒例、チェンバロの発表会。今年は先生のご自宅にて。

リハーサルのために早めにお宅に伺うと、テーブルの上にこんなワインが!

DAAC568D-00A6-4113-B19A-5B7D6F9C4534.jpg

実は今日はいつも(昨夜も)練習を共にしている混声合唱団樹林がミューザ川崎にて川崎市合唱祭の本番がある日でもありました。今回はもう一人のピアニストさんが弾いてくださったのですが、演奏曲目はヴェルディのレクイエムだったのでこのワインを見た時は嬉しかった!樹林のみなさん、私は聴きに行けませんでしたがいい演奏ができたことと思っています!


2308D1BA-2053-47CF-9D52-FF56220FC3D1.jpg

さて、発表会。今年の参加者は10名。私はJ・S・バッハのパルティータ4番からアルマンド、クーラント、アリア、サラバンド、ジーグ。本当に美しい曲です。毎回のことですが、みなさんの上達ぶりにも驚かされます。音色も一人一人違います。

6F0EF070-85C4-409A-B918-F47D61980ABC.jpg

演奏が終わった後はスパークリングワインで乾杯。車で行こうかと思ったけど、やっぱり電車バスで行ってよかった。

そして発表会、ただ弾くだけではなく、自分の演奏曲目の作曲者の出身国についてなんでもいいから何か持ってくる、というのも課題でした。これが面白い!みなさんの興味の向きはいろいろでいろんなものが出てきました。

本、写真集、香水、飲み物、食べ物、等々。

BCEF9628-0261-45A4-8CA4-3214F2F98AF4.jpg

E17DB575-1277-47E8-8D65-5F5FBE48185F.jpg

D120077A-9BAF-4362-999C-458E5B0AA663.jpg

音楽談義や様々なおしゃべりで盛り上がりました。今日は曇りから真夏のような青い空、そしてどんより怪しげな空から雨。外は様変わりしていましたが、空が本当に暗くなってようやくお開き。

先生、ありがとうございました。帰りはAさんの車でみんな順番に、私は家の前まで送っていただき大助かり。来年は外で会場を借りての発表会になります。




追記◆考えてみたら今年でチェンバロを始めてまる十年。ここまで続けられたのは、もちろんチェンバロという楽器の魅力があるからなのですが、暖かくも厳しくアドバイスをくださる先生と、暖かく楽しい門下生のみなさんがいてくださってこそ、興味も深まり楽しさも倍増しているというものです。感謝深謝。

posted by fumifumifumin at 21:32| 神奈川 ☔| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

おかあさんコーラス東京支部大会

このところ更新途絶えていましたが、いろいろなこともあったし、何度か投稿するつもりだったのです。なのに、ブログアプリが途中で落ちてしまったり、うまく繋がらなかったり、でやり直す気力がなくなって本日に至る。。。今日はうまくアップされますように♡

さて、昨日はおかあさんコーラス東京支部大会でした。

6F12A270-474D-41FF-BF62-94279E911F4F.jpg

私は今回もくりの実会のみなさんと出演。ですが、今回はその前に玉川グリーンハーモニーの演奏で音取りのためにステージでご一緒させていただきました。玉川グリーンさんは今回アカペラの作品を演奏され、ピアニストM代さんも歌われたから。

アカペラなのでピアノはもっと舞台の端っこに置いてあるものかと思っていたのに、案外真ん中に近くて一緒にスポット浴びてしまいました。おかげで間近で本番の演奏を聞かせていただけたわけですが、その勢いと積極性、素晴らしかったです。楽しさが客席にもいっぱい届いているのがわかりました。玉川グリーンハーモニーさん、見事支部大会賞を受賞されたそうです。おめでとうございました。

そして、こちらのステージが終わってすぐ、我らがくりの実会の最後の練習へ。今回の曲はほんとうに難しい作品でした。ピアノ伴奏は歌のきれいなハーモニーをつぶしにかかるような音を鳴らさなくてはならず。そして、アカペラの「みぜれえめん」は6声に分かれて、それも常にオクターブほとんど全部の音が鳴ってなくてはならない超難曲!

やりはじめた頃は一体どんな曲になるの??というくらいひどい(失礼〜!)ものでしたが、何事も根気よく積み重ねることは大きな力を生み出す、ということを本番で聞かせてくださいました。もちろん、ある意味昨日の演奏がスタート地点ともなる、とも思いますが、みなさんの努力した分だけの成果を本番で出せたことはすごいこと。そして、ホールの響きを楽しみながら歌えたことが何よりのステージだったなと思っています。(残念ながら今回賞はなかったけれど)今回やむなく参加できなかった代表Oさんの客席からの祈りが届いたのかも!おつかれさまでした!

さて〜、玉川グリーンさんの音取りをしたおかげで??M代さんからお心遣いのプレゼントをいただいてしまいました!

なんてかわいい♡♡

C3E25C28-3EFA-4DBB-8F5D-483646AA90D7.jpg

可愛すぎてぷにゅぷにゅかわいがってます!

こんな顔とか〜

D3D874DD-2386-42EF-BD87-460ECEBED655.jpg

こんな顔とか〜

109CF432-0ED3-4F8F-B854-E84A571FB3F1.jpg

横顔もかわいいでしょ?!

B5B1D403-7080-4A18-9161-C23DFCBAED51.jpg

癒されます!M代さん、ほんとにありがとう!肌触り、感触も抜群です(^o^)



posted by fumifumifumin at 18:04| 神奈川 ☁| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

ペダルチェンバロ

昨日、金曜日はくりの実会の練習。今月末のお母さんコーラス大会に向けてのしぶとい練習。がんばれー!

合唱団のあとは目白にアンサンブルの合わせに向かったのですが、駒込駅まで行くと山手線運転見合わせ中だって!!運転再開まで30分ほどかかるということで、駅近くで簡単にたまたま一緒にいた団員の方とランチ。食べ終わった頃には動いていました。

目白のホームに降り立つとにわかに雨が降り出した。歩いて5、6分の練習場についたと思ったら嵐になった模様。3時間の練習のあとは晴れていました。日頃の行いがよいということで。

そして夜は市ヶ谷ルーテルにて横田誠三さん製作のペダルチェンバロのお披露目演奏会『ペダル・チェンバロで聴くオルガン音楽』を聴きに伺いました。

いやはや、すごい楽器でした!ペダルチェンバロというくらいですからオルガンのように立派な足鍵盤がついているのですが、想像以上の表現力豊かな楽器でした。

演奏は前半が大塚直哉さん。

J.S.バッハ :前奏曲とフーガ ト長調より 前奏曲 BWV541

J.S.バッハ :幻想曲 ハ短調 BWV562

J.S.バッハ :トリオソナタ ニ短調 BWV527

J.S.バッハ :トッカータとフーガ BWV565

チェンバロらしい繊細な表現が聞かれ、オルガン曲だけどオルガンよりこのペダルチェンバロで演奏する方がいいんじゃない?!と思ってしまうくらい。横田さんらしい落ち着いて深みのあるよい音色の楽器です。

休憩中に調律される横田さん。演奏中以外は撮影してよいということでしたので。不都合ありましたらお知らせくださいますよう。

image.jpg


そして、後半は菅哲也さんによる演奏。

D.ブクステフーデ :前奏曲 ハ長調 BuxWV137

D.ブクステフーデ :パッサカリア ニ短調 BuxWV161

J.S.バッハ :3つのコラール前奏曲
《目覚めよと呼ぶ声が聴こえ》BWV645
《われ汝を呼ぶ、主イエス・キリストよ》BWV639
《主イエス・キリストよ、われらを顧みたまえ》BWV655

J.S.バッハ :前奏曲とフーガ イ短調 BWV543

こちらではチェンバロからまるでオルガンのような響きが聞かれました!これもすごい!豊かな厚みのある音と音楽。堪能しました。

私が数年前にオルガンを習っていた頃に必死の思いで弾いたことのあるBWV639のコラール前奏曲は、リュートストップも使っての泣けるような美しい演奏でした。

終演後にチラッと横田さんからお聞きしたのは、普通の2段チェンバロとそれほどかわりはないということ。弦は4本だけ多いのだそうですがそれだけでどうやって16フィートの音が鳴ってあの迫力と広がりが出るの?と、楽器を真近で見てもまったくわかりませんでした。一体どんな仕掛けがされているのでしょう???(簡単にプログラムに解説はしてありましたが!)

image.jpg

理屈はわかりませんが、あのような楽器を弾けたら面白いだろうなあ。生まれ変わったら足鍵盤を自在に操れる人になりたい〜〜。憧れ☆☆☆


posted by fumifumifumin at 13:25| 神奈川 ☁| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

カールス・ルーエ パーカッションアンサンブルコンサート

2014年2月24日(月)
座・高円寺2にて。

image-20140225222704.png


会場に向かう前にへちこさんと待ち合わせて高円寺にて軽く夕食。ベトナム料理店へ。ごちゃごちゃした通りに入り込み見つけたのが屋台村のようなところ。

image-20140225222206.png

image-20140225222222.png

美味しかったです。ハノイでも有名なお店なのだとか。高円寺おもしろい町!飲食店が溢れかえっている印象。

image-20140225222245.png


そして、コンサート。所狭しとステージに並べられた打楽器たち。見てるだけでワクワクしてくるけど、音が鳴り始めるともっとワクワク。ジョン・ケージ、マウリッチオ・カーゲルなどの音楽がこんなに身近で自然なものとは思わなかった。

中村功くん率いる6人の奏者それぞれに高い技術と魂がなければ成り立たない興味深い演奏。いやあ、最初から最後までおもしろかった!

ピアノも打楽器だから共通するところが多い。ピアノは旋律を奏でるときそのメロディに惑わされて本当の意味での本来の音楽の流れ(ひとつの音が次の音につながること・・・しつこいけど、本当の意味で)が忘れられることもしばしば。音と音のつながり、ひとつの音の意味、音のかたまり、音の色、音とどう向き合うか、等々、中村くんの生命宿る音楽は音楽の原点をひしひしと感じさせてくれて素晴らしかった!ありがとう!

posted by fumifumifumin at 22:30| 神奈川 ☀| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

雪〜

降っています。

image-20140208110334.png


今日は相模原にある光と緑の美術館でのコンサートのお手伝い要因として繰り出す予定でしたが、コンサートは延期となり自宅におります。先日から大雪の予報が出ていましたので、雪の中の外出を覚悟し、簡易アイゼン?を急いで購入していたのですが使うことなく終わりました。が、次女が駅前まで急にインフルエンザの人の代わりにバイト出動、ということになったので使ってもらったら、歩きやすかった!との感想。役に立ってよかった。

image-20140208100109.png

昨日は午前中くりの実会の練習。夜に演奏会を聞きに行く予定だったのでどのように時間つぶししようかと思っていたのですが、たまたま数日前に知り合いから東京ドームで開催されているテーブルウェアフェスティバルの招待券をいただいたので覗きにいってきました。初ドーム。

image-20140208100337.png

少し見て回れば、と思っていたのですが気がついたら2時間ほど過ぎていました。

うっとりするような食器の数々、特に骨董通りではいくつかのアンティーク店が出店しており、ミニミニ美術館のようなガレやドームのガラス器もあり、とても手の出ないお値段でしたがしっかり目と心の保養!アンティークのネックレスやブローチにもホレボレするものがありしばし見惚れておりました。お店の方にお話を聞いたら1950年代の作品とのこと。それほど古いものではないんだな、と思いましたが、ん?私もアンティークなんだな。

そして、特に買い物する気もなかったのですが、気に入ったエッグシェルシリーズに、欲しかった片口があったので、ぐい呑と共に買ってしまいました。

image-20140208100848.png

夜のコンサートは近江楽堂での「木の器」シリーズ。リコーダーの宇治川さん、チェンバロの福間さんの主宰されているシリーズですが、今回のゲストはガンバのジョシュ・チータムさん。フランス音楽の彩を楽しむ、というプログラム。やわらかな響きが素敵でした。よい音楽に包まれて心も軽く帰宅。

ちょうど帰宅した長女に買ってきた器を見せ、それなら今からちょっとだけ味わってみようかということになり、先日この長女が買ってきてくれた勝駒のしぼりたてを!

image-20140208101325.png

image-20140208101343.png

ぐい呑はひとつしか買っていなかったのでほかのぐい呑と飲み比べてみましたが、薄手のエッグシェルのぐい呑は熱伝導がよい分、冷やしていた勝駒はキンキンのまま。勝駒は人肌のほうがまったりして美味しくいただけることがよくわかりました。

その娘は雪の中、松本に向かって出かけていきました。2月11日、松本にて小林道夫先生指揮によるバッハ ロ短調ミサのコンサートがあり長女もフラウト・トラベルソで畏れ多くも大先輩の方々と共に演奏させていただけるそうです。指揮者はもちろん、独唱、合唱、器楽のメンバーは皆ご活躍中の実力派ばかりで、娘はともかく、素晴らしい演奏が期待される演奏会ですので、東京からでも日帰り可能、よろしければ皆様お出かけくださいませ。(私も行きたい気持ち山々なのですが予定が微妙で未定!)

コンサートチラシはこちらから→ 松本バッハ祝祭アンサンブル演奏会 J.S.バッハ ロ短調ミサ





posted by fumifumifumin at 10:24| 神奈川 ☁| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

VOJA

今日は東急田園都市線たまプラーザ駅にあるたまプラーザテラスにて、亀渕友香さんとVoice of japan(VOJA)のCD発売記念のイベントとしてミニコンサートがあったのでふらっと聞きに行ってきました。

VOJAのメンバーにはイケメンのさとくんがいます。私の大親友の次男くん!ソロも歌っていました。背が高くてかっこいいし、歌もダンスもうまい!みんな歌唱力があって、すっごく楽しくてすがすがしい時間でした。

image-20140112210026.png

小さい頃のさとくんはお目目クリクリ、からだはコロコロ、おとなしい印象のお子さんだったのに、今やぐんぐん背は伸びて(お目目クリクリは変わらない)笑顔が素敵で歌でみんなに元気を与えてくれて・・・おばちゃんはなんかじ〜んときましたね。会場もノリノリ。ほんとに楽しい時間ひとときでした。

CDも買っちゃいました。サインもね。ありがとう!

image-20140112210336.png



posted by fumifumifumin at 21:05| 神奈川 | Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

ファンタジー♪

去る11月27日、バイオリニストHさんにお誘いを受け、Hさんのお母様のお弟子さんでもあった吉川隆弘氏のピアノリサイタルを聴きに行ってきました。Cちゃんも一緒に。サントリーホールブルーローズにて。(お隣大ホールでは読響のコンサートやってましたが)

image-20131201224430.png

私はこのピアニストのことを失礼ながらまったく知りませんでした。イタリア(ミラノ)在住で年に2回は日本に帰国してリサイタルをされているとか。

プログラムは前半にハイドンのソナタト短調、シューマンのファンタジー、後半にはヤナーチェクの霧の中で、ラヴェルの高雅で感傷的なワルツとラ・ヴァルス。

すべて意味を持った音色の多彩さ、音楽の組み立て、フレーズ感、高度なテクニック、などと書いてしまうと分析しながら聞いていたような書き方になってしまいますが、作曲家のメッセージをそのまま繊細な感性と知性を持って伝える、という理想とする音楽。ハイドンから最後のラ・ヴァルスまで、ピアノでまさしくファンタジ〜♪の世界を繰り広げてくださり、作品も演奏も楽しめるそれはそれは楽しい演奏会でした。

私の大〜好きな曲、高雅で感傷的なワルツも素晴らしかった!ピアノって素晴らしい!

誘ってくれたHさん!ほんとにありがとう!


posted by fumifumifumin at 22:46| 神奈川 | Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

ロビーコンサート

みなとみらいのけいゆう病院にてロビーコンサートしてまいりました。

青い空。(我が家の最寄り駅近くの遊歩道)

image-20131121213254.png

青い空。(けいゆう病院)

image-20131121213322.png

思っていたより暖かな一日でした。


image-20131121213408.png

私がこの病院で演奏させていただくのは今回で5回目。開演1時間前にちょっと音出しをしていたら、「何時からですか?」と尋ねられ開演まで待って聴いてくださった方、今日できかせていただくのは3回目です、とたまたま診察に来られる時に私たちの演奏日と同じ方(最近木曜日にやる事が多いので)、入院患者の方も含めていつの間にか大勢の方々が集まって熱心に耳を傾けてくださっていました。

ロビーの吹き抜け。遠くに飛んで行く響きを耳で拾いながら自由な対話をしながら演奏していると、改めてタイスの瞑想曲ってやっぱり名曲だわ〜!と思ったり。

image-20131121213515.png


そして、暮れる空。

image-20131121213734.png

冬になる前に秋をもっとあじわっていたいのに、世の中はもうクリスマス!

image-20131121220036.png

ふたりで打ち上げ。

image-20131121213831.png

夜の日本丸。桜木町への帰り道。

image-20131121215812.png

横浜、なかなかよいです。










posted by fumifumifumin at 22:01| 神奈川 ☀| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。