2012年08月15日

そうだ、京都へ行こう!

大阪も連日暑かったです。

奈良に住む友人と、この暑い中どこで会おうか、と悩み、興福寺もしばらく行ってないし駅から近いからいいかな、と言いながらも、突然「そうだ!京都へ行こう!」

ということで、8月7日、泉北ニュータウンから天下茶屋に出て、大好きなあずき色の阪急電車。阪急京都線というのは、私の中で子供の頃からちょっと特別。私は千里ニュータウンで育ちましたから、いつも乗っていた千里線は各停のみ。急行のみならずピッカピカ車両の特急が走る京都線は憧れでした。神戸線もきれいなのですが、千里線と京都線はホームが同じなのでいつも横目で見ていたという。。。そして、たまに京都の祖父母の家に行く時だけ乗れる列車だったわけです。そのピッカピカ特急車両に淡路で乗り換え、終点河原町へ。電車のあのガッタンゴットンっていう音は枕木だとか車両の重さで路線によって違ったりするものなのでしょうか?あのガッタンゴットンも揺れ具合がとても懐かしく感じられたのですが気のせいなのか??

そんなことを思いながら四条河原町に到着。ここで友人と待ちあわせ、すぐにランチへ。四条河原町の交差点からすぐの路地にあるお店「志る幸」。ここは亡き祖母のお気に入りのお店で何度か連れてきてもらった懐かしいお店。
DSC04571.JPG

30年ぶりくらいになりますが、店内は変わらず。頼んだお料理も祖母がいつも頼んでいた利休弁当。
DSC04563.JPG

お味噌汁はやっぱり白味噌です。おいしい。
DSC04569.JPG

京料理ランチを楽しんだあとは、記憶にないほど幼い頃に行ったきりであろう金閣寺へ。市バス一日乗車券で。
DSC04593.JPG

暑い日ではありましたが、緑が深く、木陰では風が気持ちいいくらい。日本の美、素晴らしい。不動堂でお参りし、ちょうど目の治療中の義父に眼病お守りを。

次は龍安寺へ。こちらへは35年ぶりくらいかなぁ。
DSC04631.JPG

日頃の煩雑な生活、静かにとどまっている龍安寺の石庭を見ていると、長い長い歴史の流れの中でいかに自分の存在が僅かなものかと。心静かに広い心で生きていきたいと思います。

龍安寺をあとにして、市バスを乗り継ぎ、友人がまだ行ったことがないということで京都へ戻る途中で降りて二条城へ。行ってみたのですがなんと休城日!
DSC04652.JPG

お城が休んでいたら攻め込まれますよって?

仕方ないのでお城向かいの堀川沿いをバス停ひとつ分戻って散歩。ちょうどお祭り前でたくさんの灯籠が準備されていました。
DSC04657.JPG

京都タワーの見えるお店で一服したあとは、JRで大阪へ。
DSC04670.JPG

6人でミニミニ同窓会。手前二人のよく育った男子二名は、今年も鳥人間コンテストの救助隊として活躍してきたそうです。今年でもう25年救助隊として参加しているそう。若いなぁ。彼らの姿がどれだけ映るかわかりませんが、8/27放映予定ということです。
DSC04675.JPG

長々文章におつきあいくださってありがとうございました!

京都での画像、よろしければこちらからどうぞ→ 京都画像











posted by fumifumifumin at 16:44| 神奈川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

天竜峡

というわけで、ブログのご機嫌も直ってきたようだし、今夜は長女が海老カレー作ってくれたし、ぼちぼちアップしてまいります。

8月4日、車で大阪に帰省。中央高速道で帰るというので、どこかで一泊できないかと探し、飯田市のはずれにある宿で一泊。すべすべと気持ちのよい温泉でした。翌日はそこから車で20分ほどのところにある天竜峡で川下り。
DSC04493.JPG
吊り橋が見えます。あとで絶対渡る!

水面がとても穏やかな日で鏡のように景色が映っていました。なかなかこういうことはないと船頭さんのお話。
DSC04503.JPG

川下りを終えたあとは吊り橋へGo!
DSC04530.JPG

それほど揺れませんでしたが、上から見る景観はまたひと味違いました。

こちらは可愛らしい飯田線天竜峡駅。ちょうど電車が入ってきました。
DSC04464.JPG

日陰に入ると風が気持ちよく感じられましたが、日差しが強くて舟の上でしっかり日焼け。夕方には大阪着。

この日の写真、よろしければこちらからどうぞ → 天竜峡画像



posted by fumifumifumin at 22:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

浜松プチ旅行

恵まれた天候の土曜日、つくばのへちこさんと浜松へプチ旅行。私は新横浜で乗り込み、車内で合流。

浜松駅では、新幹線駅構内にカワイのショールームが。さすが浜松。ピアノにも触ってはいけません、とは書いてありません。誰でも弾いてみていいのかな?でも、駅構内で油を売っている場合ではないので目的地へGO!
2012.5.26hamamatsu 003.jpg

本日の目的地はこちら!Page・1 という素敵なギャラリー。
版画家綿引明浩さんの個展。

2012.5.26hamamatsu 010.jpg

綿引さんの作品はいつ拝見しても、暖かく、品のいいユーモアがあって、いつまで見ていても飽きません。子供の頃漫画家になりたかったとおっしゃる綿引さんのファンタジー溢れる発想!頭の中身を覗いてみたくなります。見ている人の心を優しく、楽しく、元気にさせる作品たち。

このギャラリーにはフレーマーという額縁のプロが常駐されています。センスのいいY絵さん。気に入ったピッコロ版画を気に入った額に入れていただきました。
2012.5.26hamamatsu 008.jpg

Page.1 のブログ ←←← こちらからご覧下さい。ブタの秘密のことも書いてあります。

帰宅後、ピアノ部屋に並べてかけてみました。上が今日購入した洋梨のチェロ「ラ フランス」、下が以前購入した「ブタの秘密」。
2012.5.26hamamatsu 006.jpg

ギャラリーのスタッフの方々ともゆっくり風そよぐ中庭でお話させていただき、お茶もごちそうになり、ほんとうにゆったりとした時間を過ごさせていただくことができました。
2012.5.26hamamatsu 007.jpg

ギャラリーをあとにして、すぐ近くの浜松城公園へ。野面(のづら)積みという、水はけも良く、くずれにくい方法で大きな石が自然のままの形で積み上げられています。このあたりで家康と信玄が戦ったのか、と、しばしいにしえに思いを馳せたあとは・・・
2012.5.26hamamatsu 017.jpg

ウナギでランチ。ギャラリースタッフさんのお勧めで、鰻重と白焼きをひとつずつ注文して二人でシェア。正解でした。
2012.5.26hamamatsu 023.jpg

2012.5.26hamamatsu 025.jpg

お腹いっぱいになったあとは、浜松定番の楽器博物館へ。たくさんの楽器を見て、あらためて、人間っていろいろな楽器を作り出したものだ、と感心。ピアノもたくさん展示されていましたが、全部試弾できたら楽しいだろうなぁと。今日はジラフピアノのみ、実演を聞かせていただきました。
2012.5.26hamamatsu 026.jpg

帰路、新横浜まで1時間10分ほど。まだまだ話し足りない二人でしたが、新横浜でサヨナラして本日の充実した楽しい旅は終わりました。

さーて、明日は府中の森芸術劇場にてくりの実会がおかあさんコーラス大会に出演します。今年はアカペラの曲なので、私の出番はない、はず、なのですが、一緒にステージにあがります!


※アルバムを追加しました。よろしければこちらからご覧下さい。
  ↓ ↓ ↓
 ♪浜松プチ旅行アルバム♪

posted by fumifumifumin at 23:53| 神奈川 ☁| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

富山旅行 その4

4回に分けて書いてまいりました富山旅行覚え書き。これで最後になります。

富山最終日。

実は富山には私の母方のお墓があります。祖父は幼い頃から大阪でしたから、富山とのつながりは私自身あまり感じていませんでしたが、もちろん祖父母は亡くなって富山のお墓に入っているし、母は4人姉妹で後継ぎがいないということで、これから縁が遠くなっていくお墓でもあります。なので、一度訪れてみたかったのですが、今回長女が富山にくることになったのも、何かの縁かな、と思わずにいられません。

というわけで、最終日はお墓参りに行くことに。

朝起きて、支度をしていたら、夫に電話。

どうやら、あったらしい、財布。警察署からの電話でした。

カードは全部とめちゃったけど、でも出てきてよかったよかった!それも帰る前に受け取ることができました。富山警察署の中まで観光?できちゃったし。はじめに停めた駐車場の入り口でお昼すぎに拾って下さった方がいらしたそうです。親切な方に心から感謝♡

スッキリした気分で、長女を寮に送り、部屋の片付けしている間にお墓参り。墓地に近づくに連れ、雪が舞い始め、どうなるかと思いましたが、母からの伝言を頼りに場所を探し出し、おじいちゃんおばあちゃん来たよ〜!ビックリしたでしょう!と、お掃除を始めると、晴れて青空!いつもお寺さんがきれいにしてくださっているのだけど、前日の雨風で折れた木の枝があちこちに散乱していました。お花は持っていけなかったんだけど、たっぷりお願い事して帰ってきました。

image-20120405180329.png

再び長女を拾って、近くのうどん屋さんに。関西なので心配なくうどん屋さんにも入れるのは嬉しいこと。肉うどんいただきました。おいなりさんも三角でした。

image-20120405181142.png

この日、午後からオリエンテーションだった娘をおいて帰路に。嵐に見舞われ、よりによってこんな時の旅行でしたが、はじめての富山、またお気に入りの土地が増えました。また行こうっと。

(完)



posted by fumifumifumin at 18:18| 神奈川 ☀| Comment(10) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山旅行 その3

さて、

財布がないことに気づいた夫。お昼前にお城を見るため、駐車場で車を降りる時に、上着を脱いだのでその時リュックのポケットに入れ直したところまではあった、と。

さ〜て。どうしよう。とりあえずその日の宿泊先のホテルに行ってチェックイン。お鮨屋さんに電話が通じて、お店には忘れていないことが判明したので、今日歩き回ったお店を全部確かめに行こう!と、ウォーリーを探せ、ならぬ、ウァレットを探せプロジェクト開始〜!この頃はさすが雨風がひどく、お天気よければ歩いて出るつもりでしたが、駅まで車で。

駅付近、昼間行ったところを再度歩きました。回りました。財布はどこにもありません。北陸本線が不通になっていて、ワサワサしている中、駅の交番に行きました。ありません。届けを出して、夫は駅構内でカード会社に連絡。夫の不安をよそに、その間、娘と私は駅でテレビ局や新聞社が撮影しているのを見たり、写真を撮ったり。財布騒ぎがなければ、今回車の旅行だったから駅構内までくることはなかったし、駅周辺を歩き回って、お店やトイレの場所まで知り尽くしたからよかったね、と娘と話していました。

image-20120405173021.png

そのうち、その夜の食事の予約タイムになったので、ひとまずお店へ。長女の先輩が行きつけのお店で予約しておいてくださったお店です。このお店も素晴らしかった!最初の予定では、この夜は長女は夕食のあと、電車で一駅、自力で寮に戻る予定でしたが、電車が暴風雨のために不通になってしまっているから車で送って行かなくちゃ!ということで、私がアルコール我慢。普段なら別になくてもかまわないのですが、あれだけ新鮮なお魚が並んでいたら、やっぱり日本酒でしょう〜〜(T ^ T) とにかく我慢しました。えらかった私。
image-20120405173053.png

白エビのお刺身。
image-20120405173124.png

ホタルイカの釜揚げ。
image-20120405173216.png

幻魚煮。
image-20120405173245.png

ほたるのお刺身。これ、最上級の絶品でした!
image-20120405173339.png

昼も夜もほんとうに贅沢なお味の食事でした。富山よいとこ♡

結局、風もさらに強まり、慣れない土地での夜の運転はこわいので、急遽長女も同じビジネスホテルに部屋を取って、泊まることにしました。財布はまだ見つからないまま。。。

(最終日につづく・・・)






posted by fumifumifumin at 17:46| 神奈川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山旅行 その2

さて、忘れないうちにどんどん書き残しておきたいと思います。

魚津観光の最後に、魚津城跡を見たいと探してみると、今はもう小学校になっていたのでした。あるのは幟だけでした。

image-20120405153132.png

このあと、夕方5時すぎに旅館に到着。

image-20120405155058.png


温泉、ほんとうにいいお湯でした。
お料理も美味しかった。富山はフォッサマグナの西側だから関西なのですね。

image-20120405153903.png

お箸袋に書いてあった魚津の花。長女が、自分の名前書かれてるみたい、と(^-^)
image-20120405153951.png

温泉もたっぷりと堪能して、夜が明けると、少しずつ雲行きが怪しくなる。。。

午前中はもう少し遊んで、午後から寮に荷物を運び込む予定でしたが、前倒しにして、午前中早めに魚津を出発。途中の高速道路でも横風は強いし、時々木の枝が飛んできてカチャッと車に当たるし、ちょっとヒヤヒヤしながら、無事寮に到着。この旅行中、車の外、建物の外に出る時にはいつも雨が小降りになってくれて助かったのですが、荷物を運び込む時も風だけ。そんなに多くない荷物だったので、さっと運び込んで、必要なものなど買い足しに富山駅前へ。

その前に、街のパーキングに車を停めて、富山城へ立ち寄りました。

image-20120405154650.png

この時もすっごい風。こんな日にお城にくる人なんていないだろうね、と言いながら行きましたが、やっぱり誰も来ていませんでした。それでも天守閣まで登って、外も見ました。今年は桜が遅いからまだまったくでしたが、桜が咲き始めるときっとそばを流れる松川も美しく、お花見の人で賑やかになるのでしょう。この日はほとんど人はいませんでした。

そして、目当てはお昼にはDくんからおしえてもらっていたお鮨屋さん。とっても感じの良いお店で、カウンターに座ると、見るからにピチピチのネタがたくさん並んでいました!テンションあがりますね。音楽関係者の方々も多くいらっしゃるのだとか。

image-20120405155012.png

どれも全部美味しかったけれど、特にホタルイカ、そして中トロ、絶品でした。

そのあとは、車をそのパーキングに置いて、雨もひどくなかったので徒歩で駅まで。百均やスーパーで雑貨や食料品を買い、珈琲店で一服したあと、市電に二駅乗って駐車場に戻る。

image-20120405155527.png

歩きあり、市電あり、と、なかなかいい旅が続いているのですが、そこで夫がある重大なことに気づいたのです。


「財布がない。。。」


(つづく・・・)






posted by fumifumifumin at 16:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山旅行 その1

台風、と言っていいような、暴風雨が各地で大きな被害を生んでいるようです。特に被災地においては、ダブルトリプル…の打撃、どうしてそこまで、と思える現状に心が痛むし、人間として考えていかなければならない課題を、誰もが与えられたような気持ちになっています。

と、そんなことを言いながらも、暴風雨の富山に飛び込んで?まいりました。

長女がこの春から、富山県内にある大学のオーケストラに研究生として入ることになったので、荷物と本人を運ぶついでに便乗旅行。次女は忙しいらしいのでお留守番。夫と長女との三人旅。こういうこともはじめてかも。

関越道から上信越道、北陸道を経由して行きましたが、山々の姿、広々とした景色を眺めながらの道のりは、車も少なかったし快適。途中はまだ雪がいっぱい残っていました。
image-20120405112139.png

春を感じます。2羽で追いかけっこをしていました。
image-20120405112313.png

さて、富山での一日目は魚津。魚津駅前の観光案内所で、地図だけもらおうと入って行ったら、親切なおばさん(って職員の方ですけど)がていねいに見所や行き方をおしえてくださいました。魚津で何か尋ねたい時にはぜひ駅前の観光案内所へどうぞ!

image-20120405112440.png

おいしい海鮮丼と白エビかき揚げを食べてから、

まず、海の駅。新鮮なお魚がいっぱい。
image-20120405112853.png

白エビも4月から売り出されたところのようでした。
image-20120405112947.png

そして、埋没林博物館。
2000年前に川の氾濫で流れ出た土砂がスギ林を埋め、その後温暖化により海面が上昇して埋れていた林なのだそうです。展示室、暗くてちょっと不気味でした。
image-20120405113133.png

生の蜃気楼には出会えませんでしたが、ハイビジョン映像で見せていただきました。

最後に水族館。
観光センターでは、横浜からこられたんだったら八景島水族館があるから小さな水族館ですけど、と謙遜されましたが、規模はたしかに八景島はすごいですが、魚津水族館もなかなか見応えあってとてもいい水族館でした!

image-20120405113807.png

そして、宿へ。温泉とごちそう、堪能いたしました。

(つづく・・・)





posted by fumifumifumin at 11:56| 神奈川 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。